2要素認証

2要素認証とは?

2段階かつ異なる2つの要素を用いて、
本人であることの信頼性を高める認証

契約大臣の2要素認証では、「メールアドレス+電話番号」による認証を行います。
「2段階」かつ「2つの要素」を用いる認証方法となります。 メールアドレスのみの認証に対し、2つの要素で認証を行うことで、「なりすましではない、本人であること(本人性)」の根拠をより高めています。

契約元(ユーザー)の2要素認証:契約大臣へのログイン時に認証
契約先(取引先)の2要素認証:契約書の確認時に認証

2要素認証イメージ

契約元(ユーザー)の2要素認証

ログイン時に認証

ログイン時に、アカウントのメールアドレス+パスワードの認証に加え、電話認証を行います。
本機能では異なる2つの要素を利用した本人認証によるログインを行うことで、不正アクセス防止と利用者がユーザー本人であることの信頼性を高めます。

契約元(ユーザー)のログイン時のイメージ
契約大臣へのログイン時に、アカウントのメールアドレスとパスワードを認証後、登録している電話番号にて認証を行います。
ログイン画面に、指定の電話番号宛に送信された認証コードを入力することで認証が完了し、ログインできるようになります。
認証コードの受け取り方法は以下の2種類があります。

・SMS(ショートメッセージ)
認証コードが記載されたSMSを受け取ります。

・音声ガイダンス
自動音声が認証コードをお伝えします。

※2要素認証の設定は任意です。複数ユーザーでご利用の場合、各ユーザーに対して2要素認証によるログインを必須に設定することも可能です。
2要素認証を設定する(ユーザーログイン)

契約先(取引先)の2要素認証

契約書確認時に認証

契約先のメールアドレス+電話番号による認証を行います。
メールアドレスのみの認証に対し、2つの要素で認証を行うことで、「なりすましではない、本人であること(本人性)」の根拠をより高めています。
特に証拠力の高い電子署名を用いる重要な契約の場合は、2要素認証をおすすめします。

契約先(取引先)の契約書確認時のイメージ

取引先(受信側)の2要素認証の流れ

【契約元の対応】
①契約元は、契約書を送付する契約先のメールアドレスと認証を行う電話番号を設定します。
②契約書を送付します。

【契約先の対応】
③契約先は届いたメールに記載されているURLにアクセスします。(Eメール認証)
④契約の締結を行う前に、電話認証を行います。
認証コードを受け取る方法を『音声ガイダンス』または『SMS(ショートメッセージサービス)』から選択します。
※SMSは携帯電話のみ対応
⑤契約先の電話番号に、音声ガイダンスの場合は電話がかかり、自動音声から認証コードが告げられます。SMSの場合は認証コードが記載されたSMSが送られます。
⑥認証コードを入力し、正しいことが確認できると契約締結画面に進みます。(電話認証)

2要素認証を設定する(契約先の2要素認証) 電話番号認証を行う(2要素認証)

よくある質問

機能一覧

契約大臣でご利用いただける主な機能の一覧です。

電子サイン

電子サインのイメージ

電子署名

電子署名のイメージ

書類保管

書類保管のイメージ

複数者間契約

複数者間契約のイメージ

グループ管理機能

グループ管理機能のイメージ

ユーザー管理・権限付与

ユーザー管理・権限付与のイメージ

グループとユーザーの紐付

グループとユーザーの紐付

2要素認証

2要素認証のイメージ

ファイル添付機能

書類添付機能のイメージ

タイムスタンプ

タイムスタンプのイメージ

契約書テンプレート

契約書テンプレートのイメージ

PDFから契約書作成

PDFから契約書作成のイメージ

合意締結証明書

合意締結証明書のイメージ

電子契約書の管理・保管

電子契約書の管理・保管のイメージ

多言語表示(受信側)

多言語表示(受信側)のイメージ
契約大臣で電子契約を始める