グループ管理機能

グループ管理機能とは?

便利なグループ機能を活用して、
契約書の整理・閲覧範囲を設定

グループ管理機能により、契約書の整理・閲覧範囲の設定が可能です。
文書の種類や部署ごとにグループを作成して管理します。
契約書を任意でグルーピングしたり、部署やチーム、職位によって、閲覧や作成ができる契約書の範囲を限定したいときに使います。

※グループの追加・編集などの操作は、管理者のみ可能です

グループ管理機能の図説

グループ管理機能のおすすめ使用例

グループとユーザーを紐づける

グループごとに、閲覧できるユーザーを設定することが可能です。
グループ管理機能とユーザー権限の紐付けイメージ
例)
営業部では見積書・発注書・秘密保持契約書が、
総務人事部では雇用契約書・入社前誓約書が、作成・閲覧できる

機能一覧

契約大臣でご利用いただける主な機能の一覧です。

電子サイン

電子サインのイメージ

電子署名

電子署名のイメージ

書類保管

書類保管のイメージ

複数者間契約

複数者間契約のイメージ

グループ管理機能

グループ管理機能のイメージ

ユーザー管理・権限付与

ユーザー管理・権限付与のイメージ

グループとユーザーの紐付

グループとユーザーの紐付

2要素認証

2要素認証のイメージ

タイムスタンプ

タイムスタンプのイメージ

契約書テンプレート

契約書テンプレートのイメージ

PDFから契約書作成

PDFから契約書作成のイメージ

合意締結証明書

合意締結証明書のイメージ

電子契約書の管理・保管

電子契約書の管理・保管のイメージ
契約大臣で電子契約を始める