改正された電子帳簿保存法について
ご存知ですか?

ポイント
  • 「電子取引」のデータ保存は必須に
  • 紙書類の「スキャナ保存」は対応しやすくなった

2022年1月1日に電子帳簿保存法が改正され、特に導入のハードルとなっていた要件が
廃止や緩和されたことで紙書類の電子化(スキャナ保存)は対応しやすくなりました。
その一方で、インターネット取引などの電子取引は保存が義務化されました。

2022年1月1日改正内容のポイント

【条件緩和】
  • 事前承認制度の廃止
  • スキャナ保存要件の緩和
  • 検索要件の緩和
  • 国税関係帳簿の優遇
  • 適正事務処理要件の廃止
【条件厳格化】
  • 電子取引による証憑類の電子保存義務付け

電子契約システム「契約大臣」が
スキャナ取込した書類を管理できる
書類保管機能をリリース!

特徴01

やり方はかんたん3ステップ

  • STEP1
    書類をスキャナーで取込む
    スキャナで取り込むイメージ画像
  • STEP2
    取込んだ書類を
    契約大臣にアップロード
    PDFをアップロードするイメージ画像
  • STEP3
    取引先名や取引金額などの情報を入力する
    情報入力するイメージ画像
特徴02

電子契約・スキャン書類が
契約大臣で一元管理できる!

  • ワンストップイメージ画像
    契約書は
    作成から契約締結まで
    ワンストップ完結!
  • スキャナで取り込んだ
    PDF化したファイルを
    アップロードするだけ!
    PDFアップロードイメージ画像
契約大臣ロゴ
特徴03

業界最安値レベルで
利用できる「書類保管」機能

  • 月額5,500円(税込)〜
  • 保管数500件単位で課金
    書類数が少なめの企業にも
    導入しやすい料金体系
  • 基本の電子契約機能は
    月額0円〜
  • 電子契約はフリープランでも
    書類保管の利用が可能
    契約書は紙が主流、契約書の件数が
    少ない方にもおすすめ

【契約大臣】のシステムは
電子帳簿保存法に準拠だから安心

  • スキャナ書類の保存要件を満たす
    【書類保管】機能
  • 電子取引の要件を満たす
    【電子契約】機能

リリースを記念して
スキャナ保存が今だけ無料!
スキャナ保存無料でお試しキャンペーン スキャナ保存無料で
お試しキャンペーン

キャンペーン実施期間

2022年1月4日(火)〜
2022年2月28日(月)

【キャンペーン概要】
契約大臣の書類保管機能リリースを記念し、本来有料(税込5,500円 / 500件まで)の書類保管機能を期間限定で無料提供いたします。
【キャンペーン期間】
2022/1/4(火)〜2022/2/28(月)
【定員】
先着50社
【キャンペーン対象者】
下記条件を満たす企業または事業主が対象となります。
  • 本キャンペーン期間中に書類保管機能の利用を開始いただいたお客様のうち先着50社
【キャンペーン対象外】
下記条件に一つでも当てはまる方は対象外となりますのでご注意ください。
  • 本キャンペーン期間中に書類保管機能の利用を開始いただいたお客様のうち、先着50社以降に利用を開始いただいたお客様
  • 本キャンペーン期間以外に書類保管機能の利用を開始いただいたお客様
【参加方法】
  1. (契約大臣にアカウント未登録の方のみ)契約大臣にアカウントの本登録を行います。
  2. ログイン後、画面左側のメニューに表示されている『書類保管』をクリックします。
  3. 利用規約と注意事項をご確認いただき、「申し込み」ボタンを押下します。
  4. プラン・お支払い設定画面の書類保管機能ご利用が「書類保管機能利用中」と表示されたらご利用可能になります。
【注意事項】
  • 本キャンペーンは予告なしに変更または終了する可能性がございます。

電子帳簿保存法に対応する
メリット、
対応しない
デメリットとリスクは?

電子帳簿保存法に
対応するメリットgoodアイコン

  • 見たい書類が
    カンタンに探せる
    取引先名や書類名などの
    キーワードで即時に検索できる
    検索するイメージ画像
  • 場所と時間を問わず、
    どこでも書類が見れる
    外出先や在宅ワークでの
    対応も可能に
    在宅ワークのイメージ画像
  • 書類の即時提出・共有が可能
    電子化と保管は数分で完了、
    郵送までのタイムラグも解消
    書類の即時提出のイメージ画像
  • 税務調査時の対応がスムーズ
    必要な書類の検索や
    ダウンロードが容易にできる
    書類のダウンロードイメージ画像

対応しない
デメリットとリスクbadアイコン

  • 書類の検索が困難、
    目視で探す必要あり
    書類数が多い場合、
    かなりの時間がかかる場合も
    紙の書類の山のイメージ画像
  • 現物がないと
    内容を確認できない
    確認するための出社、格納されているキャビネットの鍵受け取り…
    負担が大きい
    キャビネットやファイルのイメージ画像
  • 書類の送付から
    受け取りに時間がかかる
    配達会社が営業時間外、距離がある
    場合はさらにタイムラグが発生
    配送トラックや時間のイメージ画像
  • 税務調査時の対応に手間取る
    書類の捜索に時間がかかる分、
    業務に影響も
    書類を投げ出すイメージ画像
運営会社
企業名 株式会社TeraDox
所在地 東京都渋谷区本町3-10-3清水橋矢部ビル9階
顧問弁護士 岩田合同法律事務所田中室 弁護士
中村忠司(Tadashi NAKAMURA)
認定タイムスタンプ
U00031-001(登録日2021. 8.23)
事業者名 株式会社TeraDox